トレーニングを行うことで電力が供給できる!発電が可能なスポーツジム

スポーツジムに通っている人のほとんどは、自分のために行動しているのではないでしょうか。しかし、スポーツジムの中には自分の役に立つだけでなく、地球環境にも役立つ施設が存在します。それは発電が可能になったスポーツジムです。

そこで今回は発電が可能なスポーツジムの良い点を紹介していきます。この情報を知っていれば発電のためにスポーツジムへと通いたくなるかもしれませんよ。

地球環境に優しい

原子力発電や火力発電といった方法は地球環境に悪影響を及ぼす可能性があります。しかし、スポーツジムでの発電は人力発電なので、他の発電方法よりも地球環境に優しいというメリットがあります。水力発電や風力発電、太陽光発電といった自然のエネルギーを利用した発電方法もありますが、これらの発電方法は安定した電力の供給が難しく、電力不足が起きてしまう危険性もあるでしょう。

しかし、人力発電を利用したスポーツジムでの発電は、常にトレーニング器具を利用している人がいれば安定した電力の供給も実現します。国レベルの電力供給となると、スポーツジムのスペースやトレーニング器具を台数の問題がありますが、近隣への電力供給や地域レベルの電力供給は実現できる可能性が高いです。

スポーツジムでの発電は室内で行えるため、天候に左右されることなく、毎日発電を行うことが可能でしょう。

スポーツジムでの発電は安全

他の発電所での作業は怪我や病気の恐れがあります。例えば原子力発電所は放射能が含まれているウランというものを原料にしているため、扱いを間違えると放射能に関連した病気を発症する可能性も考えられます。このように安全面での不安がある発電所とは違い、スポーツジムでの発電は怪我や病気のリスクが少ないと言えます。

仮にスポーツジムで怪我をしてしまった場合は、発電が原因ではなく、トレーニング器具の使用方法が原因となっている可能性が高いでしょう。トレーニング方法を誤らなければ、スポーツジムの利用中に怪我が起きるケースは少ないと言えます。

スポーツジムでの運動が発電に繋がることで、頑張りすぎないことも重要なポイントとなります。供給できる電力を増やそうとして、いつもよりも運動量が増えてしまうと怪我をしてしまうことがあります。自分1人が発電できる電力には限界があるため、体力の持つ範囲で運動を行っている方が良いと言えます。

1人の発電する電力が少なくても、利用者が多ければ電力が大きくなるというのも魅力的なポイントです。

発電するのに年齢や体力は関係ない

他の発電所での電力供給には肉体労働が必要なケースがあります。そのため年齢が高い人や体力に自信のない人は発電に協力できない可能性も考えられます。しかし、スポーツジムでの発電には年齢や体力による制限がありません。

例えば高齢者がリハビリ目的でスポーツジムを利用しているだけでも発電は可能です。女性や子どもがトレーニング前の準備運動を行っているだけでも発電に繋がるでしょう。体力に自信のない人が体力の強化を目的にスポーツジムを利用していても、その行動が電力供給に役立ちます。

発電のために激しい運動を強いられるわけではないので、誰でも気軽に発電への協力ができるでしょう。発電所での作業は仕事なので義務感や責任感が伴いますが、スポーツジムでの発電は義務感や責任感を背負う必要はありません。

他のスポーツジムで楽しくトレーニングを行っているように、発電機能のあるスポーツジムでトレーニングを楽しんでいるだけでいいのです。発電に協力することで金銭を得られるわけではありませんが、トレーニングの成果によっては理想のボディーを手に入れられるというメリットもあります。

人によって考え方が違うのも発電できるスポーツジムの面白いポイントです。例えば「トレーニングを行っているだけで地球環境に貢献できた」という考え方を持つ人と、「発電を目的に運動を行っているだけで理想のボディーを手に入れられた」という考え方を持つ人がいます。

どちらにも共通しているのは、スポーツジムの利用で良い結果を得られているということでしょう。

どの程度の電気を生み出せるのか

スポーツジムの発電が良いものだと理解していても、疑問として残るのが「どの程度の電気が生み出せるのか」という部分でしょう。

スポーツジムの仕組みによっても変わりますが、1人の利用によって生み出される電気は、およそ50ワットから250ワットだと考えられています。

この数値から考えれば、30分間の運動で35台の携帯電話を充電できるだけの電気を生み出すことが可能でしょう。他にも30分間の運動だけで、10時間のノートパソコンの利用ができます。どの程度の規模で発電したいのかという目的によって、スポーツジムの大きさも変わってくるでしょう。

例えば500ワットから2500ワット程度の電力が欲しいのであれば、10人が利用できる大きさのスポーツジムにすれば良いと言えます。時間も問題も重要になります。常に発電させておきたいのであれば、24時間営業のスポーツジムを経営するのが効果的です。

しかし、24時間営業のスポーツジムを経営している場合、時間帯によって電力に変化が出るでしょう。深夜帯は利用者が少ない可能性が考えられるため、生み出される電気も少なくなるかもしれません。

関連:スポーツジムを開業する際のテナントの選び方

コストも安くなる可能性が高い

発電所の運営には膨大なコストがかかる可能性が高いです。特に太陽光発電は半導体を扱っているため、コストが高くなってしまうケースが多いでしょう。コストが高い分、設置できる太陽光パネルの数には限界があります。

しかし、スポーツジムの場合はトレーニング器具を使用するため、太陽光パネルを設置するよりも低コストで済む可能性が高いです。設置台数も増やせるため、太陽光パネルよりも効率的に電力を発電できるというメリットも得られます。

スポーツジムの利用によって発電できるようになれば、スポーツジム内の電気を自社で賄えるため、電気代をカットすることが可能です。電気代が安くなれば、利用料金を下げることもできるでしょう。利用料金が安くなれば、利用者が増えやすくなり、より多くの電気を生み出せるようになります。

余った電気を売却すれば、お金に換金できます。そのため大量の電気を生み出せるようになれば、無料での施設提供も実現できるでしょう。電気を売ったお金でトレーニング器具を充実させるのも効果的な作戦と言えます。

関連情報|ジム学割:メガロス